聖 書 学 論 集

第31号〜第45号 目 次

第31号 (1998年)

    関根 清三「応報の神は存在するか ── 贖罪思想の系譜と争点 ──」
    円谷 勝子「創世記1―3章の構成」
    金 性済「前王国期(初期)イスラエル社会の土地所有制」
    エチエンヌ・トロクメ「史的イエスの探求は続く」
    小林 稔「『命を受けるため』 (ヨハ20:31)はなぜアオリストでなく現在幹なのか」

第32号 (1999年)

    朴 憲郁「パウロの『諸民族』伝道の諸相」
    竹内 裕「<髪のない記述>の意義を探る ── 創世記12章4節の解釈をめぐって ──」
    小河 信一「#raの破壊の波及 ── 哀歌2章、1章、4章の連関性に基づいて ──」
    手島 勲矢「聖書注解史序論:第二神殿時代の歴史記述と聖書注解の問題」
    山田 耕太「ヘレニズム・ローマ期の修辞学的歴史叙述理論 ── ルカ文書の歴史叙述の背景として ──」

第33号 (2001年)

    能城 一郎「イザヤ書原語データ・ベースの作成による翻訳比較研究 ── 関根清三訳『イザヤ書』を中心に ──」
    吉田 忍「『12族長の遺言』研究 ── porneiva表象に関する考察 ──」
    G・ネラン「牧会書簡 ── パウロの初期の手紙」
    小河 陽「新約『家庭道徳訓』の評価をめぐって」
    菅原 裕治・月本 昭男「マルコ福音書4章12節におけるイザヤ書6章10節の引用をめぐって」

第34号 (2002年)

    池田 潤「ユダとイスラエル ── 列王記に見る言葉の違い ──」
    上村 静「イザヤ書6章9-10節 ── 頑迷預言? ──」
    関根 清三「イザヤの頑迷預言をめぐる覚書 ── 拙論の論評にお応えしつつ ──」
    矢野 睦「マルコ福音書におけるデシの無理解」
    廣石 望「「種蒔き」の譬えの解釈 (マルコ4:14-20) と寓喩話法」

第35号 (2003年)

    並木 浩一「ヨブ記とユダヤ民族の精神」
    山吉 智久「ソロモンの罪 ── 列王記11章と申命記史家 ── 」
    保坂 高殿「イエス“裁判”に寄せて」
    山野 貴彦「共観福音書における離婚・再婚批判テクストの伝承史的考察 ── マルコ10章11-12節、マタイ5章32節、19章11節、ルカ16章18節 ──」
    太田 修司「テモテの割礼」

第36号 (2004年)

    山我 哲雄「古代イスラエル史研究の最近の争点から」
    廣石 望「イエスの譬えと言語行為」
    矢野 睦「マルコ福音書における民衆」
    山吉 裕子「ヘロデ・アグリッパ一世による迫害とエルサレム原始教会」

第37号 (2005年)

    守屋 彰夫「ペルシャ時代の大祭司の系譜──初期ユダヤ教の一側面──」
    東 よしみ「マタイ福音書における知恵と知者」
    保坂高殿「クリスマスの起源」


第38号 (2006年)


第39号 (2007年)


第40号 (2008年)


第41号 ── 大貫隆教授献呈論文集 「経験としての聖書」── (2009年)


第42号 (2010年)


第43号 (2011年)


第44号 (2012年)


第45号 (2013年)


第46号 聖書的宗教とその周辺 -佐藤研教授、月本昭男教授、守屋彰夫教授献呈論文集- (2014年)



第1-10号第11-20号第21-30号 | 第31号-


最初のページに戻る


(c) 2002-2014 Japanese Biblical Institute 日本聖書学研究所