所員・会員紹介



勝村 弘也  旧約聖書学   神戸松蔭女子学院大学 教授

    - 「箴言」など知恵文学を中心に研究。特に古代エジプトの知恵の世界との関係について (Jan Assmannの研究など)。
    - 「雅歌」「哀歌」を翻訳 (岩波書店)
    - 岩波の「死海文書翻訳」の企画では「感謝の歌」を担当予定。詩編だけではなく、イザヤ書との語彙の共通性に注目。

    - 2002年度には京都大学で「預言と知恵」に関して講義。このテーマは2003年度も継続。
    - 「関西神学塾」では2003年3月からレオ・ベックに関する講義。

    - 10年くらい前までは、聖書における「語りの技法」を研究。「口頭伝承」としての物語への関心を持ち続けている。
    - 現在は大学での講義とも関係して日本の民話を調査。2001年度に「昔話と聖書」として関西神学塾で講義(最近では丹波地方および丹後半島の伝説について。「酒呑童子」「浦島」伝説など。丹後地方にも出雲同様、神話と関連した遺跡が多くある)。




加山 久夫 新約聖書学   明治学院大学 名誉教授

    研 究 業 績
      著書 『使徒行伝の歴史と文学』『ルカの神学と表現』ほか




川島 重成    西洋古典学   大妻女子大学比較文化学部 教授

    研 究 業 績
      1 『イエスの七つの譬え−−開かれた地平』三陸書房、2000年3月、206+VI頁
      2 『ギリシア悲劇−−神々と人間、愛と死』講談社学術文庫、1999年9月、368頁




朴 憲郁 (パク ホンウク)    キリスト教教育学・新約聖書学   東京神学大学 教授

    著 作
      『パウロの生涯と神学』教文館 2003年3月 
      「パウロ研究」『現代聖書講座』第2巻「聖書学の方法と諸問題」日本基督教団出版局 1996年 323頁以下。その他、多数。





最初のページに戻る


(c) 2002-2004 Japanese Biblical Institute 日本聖書学研究所