日 本 聖 書 学 研 究 所


沿革と主旨

所 在 地
(日本聖書神学校内)

規 約

役 員

所員・会員一覧

公開講座一覧

出 版 物

執 筆 要 綱


会員 専用



例 会 案 内


2015年
1月19日 (月)
午後 5時より  (日本聖書神学校202号室)

    山吉 智久 会員



    焼山 真理子 所員




日本聖書学研究所は、教派を越えて、旧約聖書、新約聖書に 関する学術的な研究を行う団体です。主たる活動として、会員による研究発表と討論からなる 月々の例会、公開の学術講座の開催、および学術雑誌の発行 (邦文論集『聖書学論集』、欧文 紀要 Annual of the Japanese Biblical Institute [AJBI]) を行っています (詳しくは「沿革と主旨」をご参照く ださい)




2014年度の活動および予定

日 時
旧 約
新 約
4月21日
北村 徹 会員
「新生のイスラエルを視た者:
祭司エゼキエルと『再活性化運動』」
千ヶ崎 祥平 準会員
「『洗礼者ヨハネの問いとイエスの答え』の釈義:
死海文書4Q521に照らして」
5月19日
長谷川 修一 所員
「イエフはアハズヤを殺害したのか(歴代誌下22章7-9a節)」
大石 健一 会員
「マルコにおける『福音』はパウロからの影響によるものか」
6月16日
山野 貴彦 会員
「ミグダルのシナゴーグ」
橘 耕太 会員
「『ヘレニスタイ』はだれか
―使徒行伝6章におけるその歴史的実体と地理的拡大」
9月22日
高橋 優子 会員
「聖書法(申命記法・神聖法典・「契約の書」)の先後関係と
年代づけ」
山田 耕太 所員
「Q文書における弟子派遣の説教の修辞学的分析」
10月20日
小友 聡 所員
「コヘレト書8章1-9節再考
―コヘレト書の歴史的背景について―」
関 智征 会員
「パウロ書簡における信義則」
11月8日
公開講座
聖書の「ことば」
守屋 彰夫 所員
「ヘブライ語とアラム語の共生」
廣石 望 所員
「イエスの譬えにおける時の造形―文脈、かたり、経験」
12月15日
話題提供
河野 克也 会員
「文学批評による契約的神義論の構築:
ピスティス論争におけるリチャード・ヘイズの貢献をめぐって」
2015年
1月19日
山吉 智久 会員

焼山 真理子 所員

3月9日
本多 峰子 会員



<以下 試験運用中>

『聖書学論集』データベース

Database of Annual of the Japanese Biblical Institute (AJBI)




聖書学論集


45号(2013年)

目 次

加藤 久美子「鉄は鉄を研ぐ──箴言(ミシュレー)第II部、第V部におけるレア(rea‘I)──」

山我 哲雄「申命記史書におけるダビデ王朝」

山畑 譲「エゼキエル書28章11節-19節におけるケルブ」

浅野 淳博「『福音にのっとった殉教』によるインクルーシオ――『ポリュカルポス殉教物語』の文学的考察――」

荒井 献「聖餐の成立をめぐって」

飯島 克彦「カイサレイアのアレタス『ヨハネの黙示録注解』と10世紀のビザンツにおける終末意識について」

伊東 寿泰「ヨハネ福音書における贖罪信仰――文学的方法による分析――」

本多峰子「ルカ福音書17:20-21の解釈――とくにh basileia tou theou entos umwn estinをめぐって――」

三浦望「『父の家』(神の家族 Familia Dei)――ヨハネ福音書における『家族』メタファーとその意味――」


Annual of
the Japanese Biblical Institute
(AJBI)

Vol. XXXIX(2013)

Table of Contents

Yuko TAKAHASHI, Reconsidering Mez.ad H.ashavyahu

Nozomi MIURA, rscj, "My Father's House" (Familia Dei): A Network of "Family" Metaphors in the Fourth Gospel

Manabu TSUJI, II Timothy 1:6: Laying on of Hands by Paul for Ordination?

Mutsumi YANO, The Incomprehension of the Disciples in Mark 4:1-8:30


『聖書学論集』ご購読、ご購入のお問い合わせ



日本聖書学研究所
 〒161-0033  東京都新宿区下落合3-14-16  日本聖書神学校内

問い合わせ(本研究所に関するご意見・ご要望が あればおしらせください)

Counter
(6/5/2003 設置)


(c) 2002-2014 Japanese Biblical Institute 日本聖書学研究所